純正のマウントを使って適当にサイドマウント。


MOTOR ROCK  イグニッションコイル移設ステー



そんな事をしていたら、純正のマウントがエンジンの振動で折れてしまったので移設キット(単なるステー)をポチっと。

今回購入したのは、このお店。
イグニッションコイル移設 (1)



Amazonさんでは8,800円




Yahoo!ショッピングで馬鹿みたいにポイントが付くので安いのですよ。

Amazonさんと同様のビニール圧着での梱包。
イグニッションコイル移設 (2)

プラグコードの長さも足りなくなりそうだったので、適当なものを購入。


ステーとプラグコードでイグニッションコイルを移設


紫のコードが車体に合うのかどうかが定かではないけど、良しとしよう。
イグニッションコイル移設 (3)

エンジンの振動で割れてしまわないような、しっかりしたステー。
イグニッションコイル移設 (4)

適当なステーをホームセンターで購入しようかとも思ったけど、専用ステーの方がやっぱりスマートだな。
イグニッションコイル移設 (5)

純正マウントステーがおれてしまい無残な姿


出先で折れたので、タイラップで適当に括りつけてる状態のイグニッションコイル。
イグニッションコイル移設 (6)

こんな感じで折れてしまって、無残。
イグニッションコイル移設 (7)

一か所で留めてたので、プルンプルンとエンジンの振動に合わせて揺れてたから、いつか折れるとは思ってたけど、本当に折れてしまうとは・・・
イグニッションコイル移設 (8)


専用ステーを仮留め


いいね。しっかりしてる。
イグニッションコイル移設 (9)

イグニッションキーのこの部分。
イグニッションコイル移設 (10)

実はペットボトルの蓋のように外れる。
イグニッションコイル移設 (11)

外したら、ステーにはめてみる。
イグニッションコイル移設 (12)

適当なステーだと、ここまでスマートな感じにはならないからな。
イグニッションコイル移設 (13)


プラグキャップは純正を再利用


本当はプラグコードにキャップがついたようなものを購入した方が早いんだろうけど、今回は純正のプラグコードから金具やキャップ部分を外して再利用。
イグニッションコイル移設 (14)

イグニッションコイルもステーに留めて、ボルトを締めこんだら完成。
イグニッションコイル移設 (15)

2本ともに紫にしてもよかったけど、なんとなく片側だけ紫のさし色で終了。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!